その他の記事

企業・求人情報

【LINEへの転職を検討している人向け】2018年第3四半期決算から、LINEの業績について知る

digireka!運営の株式会社uloqoでは、デジタルマーケティング領域専門の転職支援を実施しています。今やデジタルマーケティング業界を語るうえでなくてはならない存在となったLINEですが、業績はどのように推移しているのでしょうか。先日発表された第3四半期決算資料を基に業績についてまとめました。LINEへの転職を検討している方は、是非参考にしてみてください。

2018年第3四半期決算概要

引き続き売上収益は着実に伸長しています。一方、営業利益は36億円の赤字となり、YonYでも減少しています。

LINEの事業は、コア事業(広告/ゲーム等のコミュニケーション・コンテンツ・その他)と戦略事業(コマース/Fintech/スマートスピーカー)に分けられます。

コア事業の売上収益は緩やかながらも前年、前Q対比で伸長しています。営業利益は前年、前Q対比で減少です。

投資事業である戦略事業においては、売上収益を前年、前Q対比で大きく伸長させています。ただし、88億円の赤字計上となっています。

売上収益構成

売上収益構成ですが、コア事業が8.6割、残りの1.4割を戦略事業が占めています。

LINEの売上収益の半分は広告事業であることが分かります。

また、地域別の売上収益においては、国内7割、海外3割の比率となっています。

営業利益についても見ていきましょう。

コア事業、戦略事業ともに年々赤字が拡大しています。

いずれの事業においても、収益は伸長しているものの、同時に赤字も増加していることが読み取れます。

MAU推移

各事業毎の状況を確認する前に、MAUの推移について見ておきましょう。

海外展開を積極的に進めているLINEですが、主要4ヶ国のMAUは減少傾向です。主要各国に関しては既にサービスの成熟期にあり、これ以上大きくMAUが増加する見込みは大きくないでしょう。国内のMAU率は非常に高く85%となっています。

各事業の状況

各事業毎に見ていきましょう。

コア事業(広告)

売上収益が前Q対比で若干減少しています。これは、運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」において、システムの大幅な刷新を実施している影響で、広告単価向上の為の施策を保留しているためです。今回の刷新に伴い、DPA(ダイナミック広告)のサービス拡充や、利用データの計測を可能にするLINE Tagの提供、LINEの法人向けアカウント広告とのターゲティング連携を通じてユーザーへの最適化を行えるMAの提供などを発表しています。これらの移行が完了し、各戦略事業とのデータ連携も進むとすれば、日本最大級のビッグデータ活用が可能な広告プラットフォームへと進化を遂げるかもしれません。

コア事業(コミュニケーション・コンテンツ・その他)

LINE GAME、LINEマンガ、LINE MUSIC等のコンテンツの売上収益が中心となっています。昨年対比で売上収益は微増です。ただし、LINEマンガやLINE MUSICのユーザー数は大幅に増加しており、今後に期待できます。コンテンツ領域に関しては、ヒットタイトルを生み出せるか否かが重要であるため、引き続きコンテンツ拡充を続けていくことが想定されます。

LINE QUICK GAMEシリーズは、専用アプリのダウンロードが不要で、LINEのトーク画面上でプレイ可能なコンテンツです。9月にリリースしたばかりで、今回の決算発表資料にもピックアップされていますが、本日(2018年11月6日)一か月サービス提供を停止することを発表しています。これに伴い、LINEの株価は大幅続落し、上場来最安値に迫る3300円(6%安)となっています。

原因はアップルのアプリ配信サービス「アップストア」の審査で起きた問題に起因するようです。

コンテンツ拡充施策として満を持してリリースされたLINE QUICK GAMEシリーズですが、リリース早々出鼻をくじかれるスタートとなりました。

戦略事業

LINEは、2017年通期決算において

・広告
・Fintech
・AI

の3領域を重点戦略領域として位置づけることを発表しています。

では、LINEの中長期戦略において重要とされているFintech領域の状況を見ていきましょう。

戦略事業(Fintech)

Fintech領域の中核を担うLINE Payの決済高は、YonYで大幅に増加しています。

各国で順調に拡大傾向で、国内においてはLINE Pay対応予定箇所が92万箇所を突破し、加盟店の獲得も順調です。

台湾でもMAUが増加しており、タイでは交通カードRabbitとの連携も開始されています。

そして同社は、非常に好調な進捗を見せるLINE Payを起点として、Fintech新サービスの展開を進めています。

高いMAU率を誇るLINEが決済面を抑えることで得られるデータの資産価値は非常に大きいものです。これに加え同社では、2018年10月より、独自の仮想通貨「LINK」の取扱いを開始しています。

LINEブロックチェーン上にDApps(分散型アプリケーション)を提供することで、トークンエコノミーと相性の良いCGMサービスとの連携を実施し、サービスに貢献したユーザーに対して独自通貨を発行しインセンティブを設ける仕組みです。LINE内のみならず様々な外部サービスと連携を図っていく構想を発表しています。今後、DAppsのサービス拡充を続け、LINKエコシステムの拡張を目指していくことが想定されます。

戦略事業(AI)

LINEのAI領域の要であるスマートスピーカー「Clova」ですが、kit公開に伴い、スキル数の大幅増加が公表されています。スキルとは、スマホでいうところのアプリのようなもので、スキルの増加はすなわち、利用範囲の拡大を意味します。利用範囲の拡大とはすなわち、取得データ範囲の拡大や、ユーザーとの購買接点の拡大を意味します。競合であるAmazonやGoogleも同様にスキルの拡大を進めており、シェアで劣るLINEがどのようにスマートスピーカー展開を進めていくのか、今後も注目です。

今後の戦略について

下記図は2017年通期決算にて発表された今後の戦略です。

MAUを見てもらっても分かる通り、今後中長期的に見て、日本でのユーザー数が飛躍的に向上することは想定しづらいです。

ともすれば、
広告事業においては、
「新LINE Ads Platform」への移行を完了させ、広告パフォーマンス/広告単価の向上を目指していることと想定されます。
加えて、国内最大級のマーケティングデータプラットフォームとして一気通貫で顧客の獲得からCRM戦略までをカバーするプラットフォームを目指しているものと考えられます。

海外展開も引き続き積極的に進めていく事でしょう。

さらに、決済・トークンエコノミー・AI領域への投資を続け、プラットフォーマーとしての拡大を目指します。

戦略事業領域においては、国外最大のライバルGAMFA勢(Google、Apple、Microsoft、Facebook、Amazon)との競争激化が続くでしょう。

まとめ

如何でしたでしょうか?今日は、2018年第3四半期決算資料を基に、国内最大級のプラットフォーマーであるLINEの業績についてまとめました。

サービス成熟期の現在、

・グローバルにユーザーを増加させる
・ありとあらゆるユーザー接点を抑える

ことが重要です。

戦略事業領域での進捗は特に、今後も目が離せません。

【関連記事】
【カカクコムへの転職を検討している人向け】2018年通期決算から、カカクコムの業績について知る
【Gunosyへの転職を検討している人向け】2018年通期決算から、Gunosyの業績について知る
【サイバーエージェントへの転職を検討している人向け】2018年通期決算から、サイバーエージェントの業績について知る

【セプテーニへの転職を検討している人向け】2018年通期決算から、セプテーニの業績について知る

本記事の引用・参照元:)LINE株式会社「IRライブラリー

LINEへの転職をご検討されている方へ向けて

digireka!運営の株式会社uloqoでは、デジタルマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

LINE株式会社への転職をご検討されているユーザー様は、是非下記問い合わせフォームよりお問い合わせください。

LINEへの転職をご希望されているユーザー様はこちらまでご相談ください

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期に関川さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
関川さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

関川さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『関川さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

 

関川さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのは関川さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

 

関川さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

クライアント企業様の声

関川さんはフォローも素晴らしいですし、業界や弊社の事を分かっててくださるので、
とても信頼しておりまして、なので、決めるなら関川さんからがいいねと話しているんです
いつも良い方をご紹介してくださいますし

某テクノロジーベンダー人事ご担当者様

 

弊社としては、経験者の採用は課題が多く、苦戦している部分です。
関川さんには、弊社の特異性、業務内容など十分ご理解いただいたうえ、候補者の方にフォローいただいた結果と存じます。
また、近しい方をご紹介いただき、こちらとしても身の引き締まる思いです。
10月1日以降、●●さんが活躍できる場を提供できるよう努めて参ります。

某ネット広告専業代理店人事ご担当者様

 

こちらこそ、いつもご協力いただき
大変助かっております。
本音言うと、貴社からのご紹介が
一番頼りにさせていただいている部分が大きいので、
是非全4枠、貴社経由で採用できればと思っています。

某ネット広告コンサルティング企業人事ご担当者様

友だち追加

人気記事

  1. ワンスターの中途求人・転職情報-年収、転職方法、強み、働くメリッ…
  2. 電通の2018年買収案件一覧から、同社の海外事業についてまとめま…
  3. 【Gunosyへの転職を検討している人向け】2018年通期決算か…
  4. 【サイバーエージェントへの転職を検討している人向け】グループ子会…
  5. Sansan(マーケティング関連職)の中途求人・転職情報-年収、…
  6. Glossomの中途求人・転職情報-年収、転職方法、働くメリット…
  7. ブレインパッドの中途求人・転職情報-年収や転職方法、業績、カルチ…
  8. サイカの中途求人・転職情報-年収、転職方法、強み、カルチャー、福…

友だち追加

最新記事

PAGE TOP