その他の記事

ノウハウ&まとめ記事

【SEOビギナー向け】Search Consoleの使い方~初級編~

最近個人でアフィリエイトブログを始めた方・SEM、SEO職に就かれた新卒、ビギナーの方・webマーケティングビギナーの方向けの記事として、Search Consoleの使い方についてまとめました。

Search Consoleって何?という方も、本記事を読んでいただく事で、正しいSEO対策を行う上で必要なツールの使い方を最低限理解できるはずです。是非、参考にしてみてください。

Search Consoleとは

Google公式のヘルプページには、下記のように定義されています。

Google Search Console は、Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視、管理できる Google の無料サービスです。Search Console に登録しなくても Google 検索結果でサイトが表示されるようにすることはできますが、登録することで、サイトが Google にどのように認識されるかを確認し、検索結果でのサイトのパフォーマンスを最適化できるようになります。

参照:Googleヘルプページ「Search Console とは」

少し抽象度が高い為、具体的に出来る事の例をいくつか挙げます。

・Googleからのメッセージ
・ユーザー来訪キーワード
・被リンク情報
・モバイルユーザビリティ
・Googleインデックスのステータス

上記例の通りとなりますが、自身のwebサイトに訪れたユーザーがどんなキーワードで流入してきたのかまたサイトにエラーが起こったりGoogleからペナルティを課されているようなことはないか外部サイトにどれくらいリンクを貼られているかモバイルユーザビリティはGoogleが推奨している最適化が成されているか、などが確認できます。

用途別活用方法まとめ

Search Consoleのざっくりとした概要が理解できましたでしょうか?次に、実際の用途シーン毎に活用方法をまとめてみました。

どんなキーワードでユーザーが流入してきたか知りたい

検索トラフィック→検索アナリティクス→クエリを選択

そうすると、設定期間内に検索でサイトに現れたユーザーがどんなキーワードで流入してきたかがキーワード毎のランキングで表示されます。

外部リンクがどのくらい貼られているのかを確認したい

検索トラフィック→サイトへのリンクで確認できます。

タイトルタグやメタディスクリプション問題が無いかを確認したい

検索での見え方→HTMLの改善で確認できます。もし問題があった場合、こちらに記載されます。

モバイルのユーザビリティに問題がないかを知りたい

検索トラフック→モバイルユーザビリティで確認できます。エラーがあれば記載されています。

サイトの検索順位が急に落ちた原因を知りたい

検索順位が急に下落してしまった場合、何らかの理由でGoogleによるペナルティが課せられている場合があります。このような場合、メッセージを確認or検索トラフィック→手動による対策で確認できます。

サイトマップをGoogleに送信したい

webサイトは、Googleのクローラーに存在を発見してもらって初めて検索結果に順位表示されるようになります。定期的にサイトマップを送信しておくことで、Googleにページの存在を知らせましょう。新しいページが増えるたびに定期的に実施しておくことをおすすめします。クロ―ル→サイトマップ→右上部のサイトマップの追加/テストをクリック→作成したサイトマップのURLを貼りつけで完了です。

一時的に検索結果からページURLを削除したい

一時的に見られたくないページがある場合、検索結果からURLを削除できます。ページ自体が削除されるわけではないのでご安心ください。Googleインデックス→URLの削除→画面左上部の「一時的に非表示にする」→該当ページURLを入力

Search Consoleへの登録方法

1.Search Consoleへログイン
2.プロパティ追加をクリック
3.計測したい該当サイトのURLを入力
4.サイトの所有権を確認しますと表示されるので、「別の方法」タブをクリック
5.HTMLタグにチェックを入れる
6.metaタグが生成されるので、コピーして該当サイトの<head>セクション内の最初の<body>セクションの前に貼りつけます。
7.サーチコンソールへ戻る→「確認」をクリック
8.「所有権が確認されました」と表示されれば完了です。

まとめ

如何でしたでしょうか?Search Consoleは、正しいSEO対策を行ううえで、非常に重要なツールです。上記に挙げた活用例はビギナーユーザー向けの一例です。Search Consoleを使いこなして、SEO対策のプロフェッショナルを目指しましょう。

人気記事

  1. 国内DSPサービスの一覧、まとめ、比較
  2. ウェブ解析士とは?取得方法から取得のメリットまで、解説します。
  3. デジタルマーケティング学習の基本!Google『デジタルワークシ…
  4. URLパラメータとは?アクセス解析・広告効果測定時に用いるパラメ…
  5. デジタルマーケティング関連の資格12選まとめ
  6. 【2018年度版】広告効果測定ツール一覧 比較と特徴について
  7. TrueView広告とは?特徴や出稿価格まで解説します。
  8. ITPの概要とその影響について※2018年9月19日更新

友だち追加

最新記事

PAGE TOP