その他の記事

ノウハウ&まとめ記事

web担当者向け!アクセス解析ツール9選

デジタルマーケティング業界特化型の転職エージェントuloqoです。弊社はデジタルマーケティング業界に特化した転職活動支援を行うとともに、digireka!の運営を通し、デジタルマーケティング業界にまつわる情報や転職ノウハウなどをお伝えしております。今日は、web担当者には欠かせないアクセス解析ツールを比較してみました。

アクセス解析ツール9選

比較表

Googleアナリティクス

google社提供の、アクセス解析の定番ツールです。無料で使えて、サーチコンソールやアドワーズなどグーグルのその他サービスとも連携可能なので、初心者の方はまずグーグルアナリティクスを使いこなせるようになる事をお勧めします。

グーグルが提供しているGAIQ(グーグルアナリティクスの検定試験)をはじめ、一般販売されている教本も沢山出ているので、学習を進めやすい点も利点です。

忍者アクセス解析

サムライファクトリー社提供の無料アクセス解析ツールです。「グーグルアナリティクスを使用し始めたはいいけど難しくて挫折してしまいそう..」といった方にはこちらがオススメです。

必要最小限の機能と非常に分かりやすいUIが特徴です。一方、アクセスログの記録は最長で4ヶ月間のみなので、長期間のキャンペーン施策等には向いていません。

ミエルカヒートマップ

SEO支援ツール、ミエルカの開発・販売を行うFaber Company社提供のヒートマップ解析ツールです。ヒートマップとは、「大量の多次元データを、一目で関係を指し示すために色を利用し、可視化する。」ための手法で、マウス操作やスマートフォンの画面操作データを収集し、ユーザーが「どのような行動をしたのか」を知る事が出来ます。

ミエルカヒートマップでは、登録したページの解析結果を1日ごと自動でキャプチャし保存をする事が出来ます。また、計測対象として管理画面から指定したURLのアクセスのみが課金対象となる為、気になるページに限って使用する事も可能です。

規定上限まで無料で使う事も出来るので、UIUX改善を検討されているweb解析初心者の方にお勧めです。

クリックテール

イスラエルのクリックテール社が開発し、国内ではギャプライズ社が公認パートナーとして販売を行う次世代型ヒートマップ解析ツールです。ヒートマップ機能は勿論の事ながら、「マウス録画」機能が最大の特徴で、サイトを訪れたユーザーのマウスの動き、入力などを全て録画することができます。

また、フォーム機能によって、入力フォーム毎の離脱率や入力所要時間などを計測する事なども出来ます。コストはかかりますがユーザー行動を詳細まで知る事が出来ます。グーグルアナリティクスと併用して使用している人が多いです。玄人向けのツールですが、多くのユーザーから支持を得ており、世界10万社いじょうの導入実績を誇ります。

ARGOS

アルゴスサービスジャパン社提供の、Webサイト性能モニタリングツールです。測定URLの一覧のパフォーマンス状況、エラー状況を一目で俯瞰することが出来ます。

基本的には、Webサービスの性能や機能などの舞台裏を分析するためのツールですが、アクセス解析ツールとしても使用可能です。

また、ボトルネック分析(遅いサーバ、遅いDNS、遅いドメイン、遅いコンテンツ、不明コンテンツのトップ10~30を取得できます)や、競合分析等も使用可能です。

Ptengine

Ptmind社が提供するヒートマップアクセス解析ツールです。10万人以上に使用されているツールであり、無料プランもある事から、一個人でも導入しやすいのがポイントです。

前述のクリックツールと比較しても、初心者でも使用しやすい作りになっています。まずはお試しで、、、と考えているweb担当者の方にお勧めです。マルチデバイス対応です。

AIアナリスト

WACUL社が開発、販売を行う、人工知能がサイト改善提案を自動で行ってくれるツールです。グーグルアナリティクスと連携する事で、自動でAIが解析データを確認し、最適な改善方法を提案してくれます。

グーグルアナリティクスを使用しはじめたけどいまいち分析方法が分からない…忙しくて分析業務に時間をかけきれていない…等で困っている初心者web担当者の方にお勧めです。

USERDIVE

UNCOVER TRUTH社が開発、販売を行うヒートマップアクセス解析ツールです。「ルッキングヒートマップ」というユーザーの滞在時間を計測し可視化する機能が最大の特徴です。また、同社に分析をアウトソースすることも可能です。

それなりのサイト規模感と予算を持つ担当者の方向けのツールです。国内では既に300社以上が導入しています。

Adobe Analytics

Adobe社提供の大規模サイト向けアクセス解析ツールです。正直価格も高いので、初心者向けではありません。複雑かつ大量のデータ分析が可能で、カスタマイズ性も高いです。それゆえ、非常に使用難易度も高いです。

まとめ

如何でしたでしょうか?アクセス解析は昨今のオンラインビジネスにおいては切っても切り離せない非常に重要な業務です。

個人的には、まずは腰を据えて一つのツールを使いこなし、順次機能を拡張させるためにツールを増やしていくといった方法がオススメです。

機能性のみならず、使いやすさも踏まえて、ツールの比較検討を行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

人気記事

  1. 無料で使えて便利!筆者が実際に活用しているPDF編集ツールまとめ…
  2. WordPressでSEO対策を行う際にオススメのプラグインまと…
  3. URLパラメータとは?アクセス解析・広告効果測定時に用いるパラメ…
  4. 国内DSPサービスの一覧、まとめ、比較
  5. ABM(アカウントベースドマーケティング)とは?
  6. 【新社会人向け】webマーケティング業界で、配属前に学んでおきた…
  7. 国内外のDMP一覧!特徴まとめ
  8. 広告効果測定のポイントとは?基本を押さえて成果を挙げる方法

友だち追加

最新記事

PAGE TOP