その他の記事

転職活動全般に関するノウハウ

営業職だけどもっと企画要素がある仕事したい!企画要素の強い営業職って?

デジタルマーケティング業界特化型の転職エージェントuloqoです。弊社はデジタルマーケティング業界に特化した転職活動支援を行うとともに、digireka!の運営を通し、デジタルマーケティング業界にまつわる情報や転職ノウハウなどをお伝えしております。今日は、営業の仕事に従事されている方で、「もっと企画要素の高い仕事に就きたい!」と現職に不満を抱いている方に向けて、「企画要素の高い営業職種」についてお話出来ればと思います。

企画要素の強い営業職について

早速結論から!企画要素の強い営業職一覧

・総合広告代理店のアカウントエグゼクティブ
・PR代理店のアカウントエグゼクティブ
・ネット広告代理店のアカウントエグゼクティブ
・自社媒体を持つ媒体社の広告営業
・Sierの営業
・大企業向けのソフトウェアベンダー営業
このあたりかなと思います。

総合広告代理店のアカウントエグゼクティブ

総合広告代理店のアカウントエグゼクティブは、企業のプロモーションについてヒアリングした内容を基に企画を立てて、コンペなどでプレゼンテーションを行い、受注できればプロジェクトマネジメントを進めていくような仕事です。

数を打てば当たる、手足を動かせば当たる、訪問頻度を増やせば受注できるような仕事ではなく、ヒアリング能力と企画力、プレゼン手―ションスキルが要求される仕事です。その為、非常に企画要素の強い仕事です。

PR代理店のアカウントエグゼクティブ

PR代理店のアカウントエグゼクティブも同様に、ヒアリングを行い、企業の広報戦略を企画し、プレゼンテーションを行う事で案件を受注できる仕事です。その為、発想力や企画力、プレゼンテーションスキルが要求されます。

広告代理店や制作会社、メディア等複数のステークホルダーと連携しないといけない為、プロジェクトマネジメントスキルも要求されます。こちらも広告代理店の営業担当と同様に企画要素の高い営業職の代表格と言えるでしょう。

ネット広告代理店のアカウントエグゼクティブ

ネット広告代理店のアカウントエグゼクティブは、クライアントのwebプロモーションに関するヒアリングを行い、専門知識を基に、企画を行う仕事です。コンペもあります。上記二職種と同様に、ヒアリング能力、プレゼンテーション能力、プロジェクトマネジメントスキルが要求されますが、発想力というより、課題発見能力と、専門知識料が重要になります。

ネット広告は全て成果が数字で可視化される為、「なぜこの指標がこの数字になっているのか」というような課題発見能力が重要です。

自社媒体を持つ媒体社の広告営業

媒体社といっても、決まった枠内に決まったフォーマットで出稿を行う形式の媒体社ではありません。(人材系メディアやリクルート系媒体の営業など)例えば、クラシルというサービスを展開しているdely社の営業担当者は、メーカーや代理店と一緒に、「クラシルを利用して効果的なPR記事を作成できないか?」という議論を交わし、最適なアイデアを企画し、企画専用の記事や動画を作成します。

企画の発想が自由で、出来る事の幅が広いのです。このような媒体社の広告営業であれば、企画の幅が広く、企画要素が強い業務内容になるでしょう。

Sier、制作会社の営業

プライム案件(直接取引)中心の大手Sier、大手制作会社であれば、企画要素の強い仕事が出来るでしょう。複雑で大規模なシステムや制作案件を、顧客のビジネス課題まで紐解いて要件定義し、プロジェクトマネジメントを進めながら、導入後の運用支援まで行います。

プレゼンテーションスキルも同様に求められますが、専門知識や技術に対する理解も必要です。

大企業向けのソフトウェアベンダー営業

大企業向けのソフトウェアベンダーも企画要素の高い業務内容と言えます。例で言うとセールスフォースや、kintoneを開発提供するサイボウズの大手向け営業担当などが値しますが、これらの営業担当は、既存のシステムからの切り替えとして顧客から要望を受けるケースが多くなります。

そうすると、膨大な人員をかかえる企業の心臓ともいえる基幹システムの要件定義、カスタマイズに対するコンサルティング、導入支援などを行わないといけません。その為、一件一件が顧客の今後を左右する中長期のプロジェクトになる為、企画要素も強い仕事になります。

企画色の強い営業職で求められている経験やスキルの傾向

上記にて述べた企画色の強い営業職で求められている経験やスキルは、下記のような傾向にあります。

・業界経験
・無形商材の法人営業経験
・企画営業経験
・論理的思考力
・プロジェクトマネジメントスキル

やはり、業界経験を求められるケースは多くなってしまいます。しかし、法人営業経験さえあれば応募出来る案件や、無形商材の営業経験があれば応募出来る求人も沢山あります。

あとはそれらの経験に加えて、論理的思考力や高いコミュニケーション能力、プロジェクトマネジメント能力などからポテンシャルを判断されます。

まとめ

如何でしたでしょうか?「営業は向いていない」「営業は嫌い」とおっしゃられる方も多いですが、「営業」といっても、有形商材の営業、無形商材の営業、IT、人材、広告、など業界職種によって働き方は様々です。企画要素の高い仕事にチャレンジしたい営業職の方はぜひ、上記参考にチャレンジしてみてください。

株式会社uloqoに転職相談する

 

人気記事

  1. 面接対策って何したらいいの?具体的な方法とは
  2. 書類選考時の履歴書作成で注意したいポイント
  3. 【保存版】書類選考通過率を高める!職務経歴書の書き方
  4. 書類選考が通過しない!そんな時に見直したいチェック項目5選
  5. デジタルマーケティング業界の中途採用面接質問事例集
  6. 地味に鬼門。SPIについてまとめました。
  7. SPI試験を徹底対策する方法をまとめました。
  8. 自己分析に使える!編集部厳選の性格・適職診断ツール4選

友だち追加

最新記事

PAGE TOP