その他の記事

アクセス解析

サンクスページとは-その意味と効果の高いサンクスページの特徴について-

LPOという用語があるように、商品購入ページの最適化が進んでいますが、購入後に表示されるサンクスページにも効果を上げるポイントがたくさんあります。
そこで本日はサンクスページについてまとめました。

サンクスページとは、ユーザーがコンバージョンした際に表示されるページのこと

「サンクスページ」とはECサイトで購入ボタンを押した際に、「ありがとうございました」などと表示されるページのことです。
アクセス解析ツールのタグをサンクスページに設置することでコンバージョン率を分析することができます。
詳しくは次項で説明しますが、最近のサンクスページの役割は御礼とアクセス解析だけでなく、SNSのシェアなどサンクスページ周りのマーケティング手法も注目されています。

効果の高いサンクスページの特徴

次のアクションまで記載されたサンクスメッセージ

サンクスページですので、まずは「ありがとう」の気持ちを伝えましょう。
サンクスページが表示されたとは言え、お客様は確実に購入が完了しているかどうか不安ですので、「注文が確定しました」あるいは「別途お送りする受領メールをもって注文確定」等、今後の流れを記載しておくとお客様も安心するでしょう。
また、ショッピング系のサイトであれば商品の到着目安、資料請求であれば視認性の高いダウンロードリンクを貼る事も重要です。

クロスセルを促している

Amazonで商品を購入した際に「○○を購入した方はこんな商品を買っています。」の文言に加えて商品のリンクが表示されます。
例えば、懐中電灯を買った際に「懐中電灯を購入した方は電池も買っています。」と電池のリンクが表示されれば、うっかりして電池を買い忘れた方へ効果的なアプローチが出来ます。

SNSアイコンの設置している

Facebookやtwitterなどのソーシャル共有ボタンを設置することで、継続的なつながりを持つことが出来ます。
お客様のフィードに企業や製品の情報が流れることにより、一元客だったユーザーが製品のファンになる可能性もあります。

自社コンテンツ(ブログ、別サービス)に誘導している

LPや他サイトから遷移してきたユーザーは、そのページしか閲覧していない可能性が高いです。
ブログ記事や別サービスへの導線を設置することで、企業の魅力をアピールする事が出来ます。

友達紹介リンクの設置している

欲しかった商品を購入した時、SNSにアップして承認欲求を高める人がいるように、購入直後のサンクスページはお客様にとって一番自慢したくなる瞬間です。
そこで、TwitterのシェアボタンやLINEでの友達紹介などのリンクを貼っておきましょう。
ZOZOTOWNなども実際にサンクスページにTwitterのリンクを貼っており、お客様がシェアしてくれれば、無料の広告宣伝になります。
しかしながら、バストアップなどのコンプレックス系商材とは親和性が低いので、友達紹介のリンクを控えておくことをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
CRMの概念も業界に浸透しており、商品の購入がマーケティング活動のゴールではありません。
マーケティング活動は商品購入後もCRMという形で続きますので、お客様が魅力と感じるサンクスページを作成することが重要になりそうです。

【関連記事】
LPOとは
CVRとは
LPとは
CVとは
CRMとは

人気記事

  1. 広告IDとは-その意味と、OS毎の広告IDの名称について-
  2. インフィード広告とは-その意味と効果を上げるポイントについて-
  3. アトリビューション分析とは-その意味、分析手法と事例-
  4. CPOとは-デジタルマーケにおける意味とCPAとの違い、改善方法…
  5. プログラマティックTV広告とは-その意味と、日本のプログラマティ…
  6. オーディエンスターゲティングとは-その意味と行動ターゲティングと…
  7. CTRとは-広告における意味と平均値、計算方法について-
  8. CPCとは-その意味と計算方法、考え方-

友だち追加

最新記事

PAGE TOP