1st Party Cookieとは-その意味と、Cookieとデジタルマーケティングの今後について-

Cookieとは、Webブラウザにてサイトを閲覧した際に作成され、データを一時的に保管しておく仕組みの事です。
これによって特定のページを訪れた履歴や入力情報を記憶することができます。
詳しくは後述しますが、近年話題になっているITPの搭載によって、1st Party Cookieデータの重要性も高まっています。
そこで本日は1st Party Cookieについてまとめました。

1st Party Cookieとは、訪問したWebサイトのドメインから直接付与されるCookieのこと

1st Party Cookie(ファーストパーティークッキー)とは、ユーザーが訪問しているWebサイトのドメインから直接付与されるCookieであり
1st Party Cookieはユーザーからブロックされにくい、という特徴を持っています。
ブロックされにくい分、1st Party Cookieでトラッキングを行う際はその精度が高くなります。
また、ブラウザはCookieをサーバーに送付する際、発行元のドメインから発行されたものかどうか「uloqo.netに訪問したユーザーに発行されるCookieがuloqo.jpになっていないかどうか」確認を行います。
そこで確認がとれたうえで付与されるCookieになる為、ブラウザにブロックされる可能性が低いのです。
しかしながら一方で、
・異なるドメイン間での引継ぎが困難
・データの通信量が大きく、サイトにとって負荷が大きい
等の課題もあります。

3rd Party Cookieとの違いは、Cookieの発行元ドメインの違い

3rd Party Cookie(サードパーティークッキー)と1st Party CookieはCookieの発行元ドメインが異なります。
上記でも記述いたしましたが、1st Party Cookieはユーザーが訪問したWebサイトのドメインから直接付与されるCookieに対し、
3rd Party Cookieはユーザーが訪問しているWebサイトのドメイン以外から付与されるCookieです。
また、3rd Party Cookieはドメインを横断してのトラッキングも可能あり、3rd Party Cookieはサイト側には負荷をかけることなく付与をすることができます。
しかしながら、1st Party Cookieはウェブサイトのドメインから直接発行されるCookieである為、サイトのドメインを横断してCookieを付与する事は困難です。

論点はプライバシー!?今後のデジタルマーケティング業界とCookieの関係性について

2017年、Appleがユーザーのプライバシーを守るため、同社がサービス提供しているwebブラウザsafari iOS11.0以降において、ITPという機能の搭載を発表しました。
ITPは、24時間以内にSafari経由で同じサイトにアクセスがない場合、3rd Party Cookieのデータを削除してしまいます。
これは、ユーザが広告をクリックしてから24時間以上経過すると、コンバージョンが記録されないことを意味します。
今回Cookieデータ削除の対象になった3rd Party Cookieは、他のドメインを横断してCookieを付与出来るため
ユーザーから見ると、閲覧した覚えのないサイトのドメインから知らない間にCookieを付与され、行動を追われている事になります。
この仕組みがユーザーのプライバシーに抵触していると判断し、AppleはITPの搭載を発表しました。
しかしながら、ITPによって何らかの制限が加えられたのは3rd Party Cookieのみです。
1st Party Cookieはユーザーが訪問したサイトのドメインからしか付与出来ず、プライバシーの観点おいても問題が無い為、今回のITPの搭載にも全く影響がありませんでした。
こうした背景があり、ITPの影響を受けていない1st Party Cookieを用いたターゲティングに再び注目が集まっています。
ですが、1st Party Cookieに付与されたデータには3rd Party Cookieのデータにはないユーザーの個人情報が含まれているため、取扱いには慎重な広告主が多いことも事実です。
Cookieを用いたリターゲティング施策やユーザー分析は、近年市場が急拡大しているアドテク業界にとって必要不可欠です。
今後はプライバシーの観点から、1st Party Cookieを用いた広告配信など、第3者のデータに頼らない広告配信方法を模索する必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
実はGoogleもChrome向けの広告ブロッカーを発表していますが、こちらは広告業界と提携して作成されているため、ビデオやオーディオの自動再生、画面全体を占めるインタースティシャル広告など、侵入型の広告と分類するものだけを対象にしています。

【関連記事】

3rd Party Cookieとは
Cookieとは
Cookie法とは

ITPとは

digireka!では、Webマーケティング業界専門の転職支援を運営しています。
業界出身のコンサルタントによる豊富な情報量と丁寧な面接対策で、どこよりも内定獲得率の高いご支援を致します。
現に、弊社は大手転職エージェントと比較し、3倍以上の内定獲得率を誇ります。

高い内定獲得率の理由

1.豊富な情報量と講義形式の業界・企業説明で、業界や企業理解を徹底的にサポート

2.過去出題を基にした徹底的な面接対策

3.業界特化で事業運営しており、クライアント企業から絶大な信頼を得ている

下記にてユーザー様からの声や人事担当者様からの声を一部抜粋しています。

Webマーケティング職で転職をご希望されているユーザー様は下記からご相談ください。

転職支援させていただいたユーザー様の声

今回の就職活動の最初期にdigireka!さんに出会えて本当に良かったです。
五人ほどエージェントの方とやり取りしましたが、どなたにも『300万円前後が妥当』と言われましたが、
digireka!さんだけは、私を信じて下さりとても自信に繋がりました。

digireka!さんの数々のサポートを無駄にせず、結果を出せて本当に良かったです。
非常にたくさん自身でも応募していましたが、私の中では『digireka!さんの紹介してくれた企業に行こう』と決めていました。

27歳 S.Oさん 中規模Sierのインフラエンジニアから、Sansan株式会社のインフラエンジニアに転職

digireka!さんには、ほんとうに多方面からご助力頂き感謝の気持ちしかないです!デジマの右も左も分からない、でも面白い領域だから自分のキャリアにしたい、というわがままな自分をここまで導いてくださったのはdigireka!さんです…!今回お会いした中で1番素敵なエージェントでした!
また転活の際には是非お願いしたいです!

27歳 M.Oさん 不動産会社の営業職から、某アドテクノロジーベンダーに転職

digireka!さんの的確なアドバイスのおかげで何とか内定を獲得することができましたので、
これから精神衛生上良好な毎日を過ごせそうです。
本当に本当にありがとうございます!
●●さん※Y.Sさんからご紹介いただいた求職者様 も「すごい人だね。」とおっしゃっていました。笑
引き続きご相談いただけるとのことありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。

24歳 Y.Sさん 教育系のベンチャー企業から、某ネット広告代理店に転職

    無料の転職相談は下記からご記入ください。

    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須業界経験有無の選択
    必須現在お勤めの企業
    必須お問い合わせ内容

    最新情報をチェックしよう!
    >digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka! | デジタルマーケティング人材の為のメディア「digireka!」

    digireka!は、マーケティング企業出身者やネット広告代理店、デジタルマーケティング人材エージェント出身者等で組成された、デジタルマーケティング領域特化型の転職エージェントです。求職者様、企業様両面を同一担当者が担当しています。複数企業で中途人材採用を担っています。デジタルマーケティング業界についての深い理解と豊富な情報量が強みです。